現場レポート現在施工中!完成までの工程をご覧下さい

【新築】 富士見市の家埼玉県富士見市

【現場見学会開催中】 設計: 一級建築士事務所 アトリエサラ

敷地面積:135.85m2|建築面積:62.59m2|延床面積:105.88m2|構造規模:木造2F

2017-04-08 UP

壁・天井仕上げ面下地処理状況

壁・天井仕上げ面下地処理状況

壁・天井の下地となります。凹凸のないように注意して施工します。

2017-04-01 UP

外部足場解体

外部足場解体

建物外部が完成です。足場が解体されると、建物の全景を見ることができます。

2017-04-01 UP

家具造作

家具造作

2017-03-18 UP

外壁モルタル塗り②

外壁モルタル塗り②

2017-03-18 UP

外壁モルタル塗り

外壁モルタル塗り

モルタルは砂とセメントで出来ています。あらかじめ調合された軽量モルタル(軽量骨材とセメント)を使用する場合もあります。左官屋さんが丁寧に塗っていきます。

2017-03-05 UP

外壁ラス網張り状況

外壁ラス網張り状況

モルタルが付きやすくするために網状の金物を貼っていきます。

2017-03-05 UP

階段造作

階段造作

階段ができました。これで、梯子を使わずに2階に上がれるようになります。

2017-02-25 UP

階段吹抜け部スチール手摺取付

階段吹抜け部スチール手摺取付

2017-02-25 UP

ユニットバス据付完了

ユニットバス据付完了

傷がつかないよう、すぐに養生します。

2017-02-19 UP

屋根ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き

屋根ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き

屋根や外壁の仕上げ材です。ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた素材です。

2017-02-13 UP

階段型収納下地組み

階段型収納下地組み

2017-02-04 UP

断熱材吹き付け状況

断熱材吹き付け状況

建物の保温・遮熱の為の部材です。アクアフォームという商品です。

2017-01-22 UP

内部給排水配管

内部給排水配管

各系統に分けて配管を行います。

2017-01-22 UP

外壁下地組み

外壁下地組み

2017-01-14 UP

床下断熱材充填

床下断熱材充填

建物の保温・遮熱の為の部材です。

2017-01-14 UP

アルミサッシ取付

アルミサッシ取付

2016-12-24 UP

通気スペーサー取付

通気スペーサー取付

屋根垂木間に取付けます。断熱材の吹き付け前に取付けます。

2016-12-24 UP

屋根FRP防水施工完了

屋根FRP防水施工完了

雨水等の建物への侵入を防ぐ工事です。

2016-12-18 UP

床下地大引状況

床下地大引状況

住宅の床をはるために必要となる下地です。

2016-12-18 UP

建て方状況

建て方状況

柱や梁など、建物を支える部材を一気に組み上げます。

2016-12-11 UP

玄関土間増しコン打設前

玄関土間増しコン打設前

2016-12-04 UP

立上り型枠建込

立上り型枠建込

コンクリートを流し込むための型を組みます。

2016-11-27 UP

基礎耐圧盤コンクリート打設

基礎耐圧盤コンクリート打設

建物の土台となるコンクリートを流し込みます。

2016-11-19 UP

基礎配筋

基礎配筋

丈夫な基礎を作るために、定められたピッチで鉄筋を組みます。

2016-11-12 UP

防湿フィルム敷き

防湿フィルム敷き

建物内に湿気が上がってこない様にフィルムを敷きます。

2016-11-12 UP

砕石地業施工状況

砕石地業施工状況

砕石を転圧して硬い地盤を作ります。

2016-11-06 UP

根切・床付状況

根切・床付状況

基礎を作るために土を掘ります。根切りで床を掘削した後、正確に平らに仕上げた面を床付けといいます。正確な高さになっているか確認します。

2016-11-06 UP

遣り方

遣り方

建物の位置と高さを設定するものです。

2016-10-29 UP

地盤柱状改良施工状況

地盤柱状改良施工状況

セメントミルクを注入しながら掘削し、土の中にコンクリートの柱を作り地盤を改良します。

2016-10-22 UP

地縄張り

地縄張り

建物の配置などを確認します。

2016-10-16 UP

着工前状況

着工前状況